笑いつつやがて真顔のジョーク集


小林正観さんは、講演会などで、よくジョークを話します。
ジョークを聞いて笑うと、ナチュラルキラー細胞(ガン細胞などを攻撃する細胞)の活動率が上昇します。
すなわち、笑うことにより、免疫力が増します。
さらに、正観さんのジョークは、人生を生きる上での、キーワードにもなっています。
このようなジョークを交えた話が40話書かれています。
ジョークだけでなく、内容が濃い話もたくさん満載されています。
読み進めているうちに、笑顔からだんだん真顔になってしまうかもしれません。

【 発売日】 2001年8月30日

【出版社】 宝来社

【目次】
  1、ゆだねる
  2、キノコを食べて
  3、支援のある人生
  4、名を追わねば ユートピア
  5、ジャマイカ コロンビア モカ
  6、2001匹アリの話
  7、感動もの話
  8、暗い
  9、お金持ちの生活
  10、ガン ガーン
  11、カローナ コロナ マークU クラウン カリーナ
  12、ボート部 ヨット部
  13、オットセイ
  14、第三の男
  15、ツメ
  16「2ドア」から「4ドア」へ
  17、消防の時代 警察の時代
  18、波風が起こらない
  19、ダジャレを言わない小林正観
  20、そらない
  21、潜在能力
  22、もうひとつの解決方法
  23、おやおや
  24、女医
  25、兼好法師
  26、こんにちは
  27、へーい、のってるかい
  28、東北のスプーン曲げ少年
  29、こだから
  30、こだから パート2
  31、面白い話は、手放しで喜ぶ
  32、おかげさま
  33、しまいまで
  34、中身がコイン
  35、グッチ ニナリッチ シャネル
  36、捨戒の法
  37、ダジャレ好き
  38、貯まらない話
  39、青い鳥
  40、100円ライター