≪英光舎トップにもどる  <立ち読みトップに戻る


目覚めの一言、いい気分 〜人生のとらえ方、〜うなる100のヒント 松浦英行著  1,260円(税込)


1,260円(税込)
↓ちょっと立ち読みできるよ♪


【人生は、最高の「ゴッコ」かも】

「与えられた天命をまっとうしよう、一生懸命に生きよう」ということに異論をとなえる人は少ないでしょう。

しかし、
「人生を遊び気分で過ごそう」とか
「人生はゲームだ」「人生ゴッコを楽しもう」なんて言うと、眉をひそめる方もチラホラいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ちょっと子どものころを思いだしてみてください。

遊びとかゲームにこそ、夢中になって本気で取り組んでいませんでしたか?

人の心は不思議な、もので、パラドックス(逆説)になっているらしく、肩に力をいれて深刻に事に当たるよりも、「これも、つかの間の遊び」ぐらいに軽やかにとらえるほうが、かえって真剣に取り組めるようです。

もしかして、「人生は、最高におもしろい遊び」かもしれません。

なぜなら、みんな夢中になりすぎて「遊び」だということをすっかり忘れてしまっているほどだから。